穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

パワーフォール

忘れた頃に到着です。

超合金魂のVF-1Aマックス仕様。

 

 

 

シュッとしたファイターモードの外観に惚れ惚れします。

 

 

 

上方から眺めるとほぼ、白一色に見えるのがマックス機と柿崎機の

特徴でもありました。

 

 

 

早速、ガウォークをすっとばしてバトロイド形態に。

頭部とカラーリングが違うだけで他の機体とは随分とイメージが

違って見えますね。

 

 

 

1Aの特徴といったらその頭部にあると俺は思います。

1Jや1Sといったいかにも主人公機然とした顔つきとは違い、1Aは

カメラと単装レーザー機銃砲のみという如何にも工業製品といった

量産機らしい素っ気なさ。

しかし、そこが猛烈に惹かれる理由でもあります。

頭部は1J同様、俯角も仰角も充分とれるのでポーズ付けの際の表情も

多彩になることでしょう。

 

 

 

風防内に配置されたカメラのモールドもきちんと起こされています。

形状も劇場版ではなく、テレビ版に準拠したものである点が個人的に

嬉しいところでもあります。

 

 

 

ボディは1Jと同様の物ですので、変形バルキリーらしからぬポージ

ングも楽々と決まります。

主要な関節にもクリックが仕込まれているので安定感も抜群です。

 

 

 

どの角からでもバチっとポーズが決まるのは、実に楽しく弄り甲斐

もあるというもの。

 

 

 

こうしてバーミリオン小隊の2機が出揃った今、やっぱり柿崎機も

出してくるものと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。