穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

ベジタブルエッグの秘密

せっかくの連休。

普段、あまりできないことを集中的に。

という訳で、先日M2さんより飛翔鮫!鮫!

鮫!がリリースされたことを受け、俺も久

しぶりに遊んでみたくなり起動。

 

 

 

東亜シューとしては古い部類に入る飛翔鮫ですが、

撃つ、避ける、ピンチには爆弾と、分かり易いシ

ンプルなルールが長く愛される秘訣なのかもしれ

ませんね。

 

 

 

1周はおろか4面で終了。

敵弾の動きに目が付いていかず確実に衰えを感じて

しまいました。

でも、楽しいからいいのです。

僅か2作で打ち止めとなってしまった箱用のショット

リシリーズですがこの機会にM2さん、箱にも移植し

てもらえないでしょうか。

 

 

 

連休だからと(こじつけ)音源の聴き込みにも精を

出すことにします。

フロットサム&ジェットサムの1stから5thまでのお

さらいを。

 

 

 

ジェイソンが離れた1st以降、音楽性もスラッシュメタル

とはまた別の方向を目指すことに舵を切った彼等。

その事実を裏付けるかの如く所謂スラッシュメタルとい

うジャンルに縛られず多彩な音楽性の拡散を見せてくれ

ました。

音楽的ブレインであるジェイソンが抜けたのですから音

の方にも変化が訪れるのは至極当然。

そういった経緯を鑑みればデビューから5thまでの期間で

目指す音楽性にも色々な試行錯誤を経た変化の形跡が見

受けられるのです。

故に1st以降の数作は方向性が散漫でちぐはぐなイメージ

があるという指摘も至極ごもっともなご意見。

ただ、だからといってこれらが聴くに値しないのかと訊か

れれば、けっしてそんなことはないと答えます。

あと何年かのうちに1st以外のアルバムが再評価されること

を切に願うのでした。

 

 

 

 

 

 

 

それでは。