穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

家族写真

まだまだスコーン。

例の手強いガードロボ × 2体を倒した後、コア

パイロットであったであろうクリーチャーを

磨り潰し抽出したエキスを回収。

その後、エキスを注入し、これまた謎の2体を起

動させることにも成功。

 

 

 

更にその後、ずっと背中に張り付いていたあの忌々

しい寄生生物の除去にかかります。

 

 

 

漸く寄生生物からの干渉からも解放され両手が自由

に使えるようになりました。

そして今度は阿修羅像みたいな手術ドロイドの手により

脳を直接接続され集合体の一部と化した主人公。

ここらへん、ずーっとグロくてキッツイ描写が続きます。

 

 

 

視点と操作を切り替えながら開け放たれたおそらく最後の

門へと主人公を運びます。

 

 

 

しかし、ここにきて先程引き剝がした寄生生物が猛攻を仕掛

けてきました。

抗うものの、成す術もなく取り込まれてしまう主人公。

助けを求めてもそれは先程まで自身が操作していた個体だけ

に、抜け殻状態の今は微動だにしません。

 

 

 

そして、なんとも無情なオチに・・・

このゲームはストーリーや背景、台詞といった文字情報が

一切省かれているのでそういった考察は個々で考えて補完

してくれということなのでしょう。

この突き放しっぷりは昔のPC高難度アドベンチャーを想起

させる程の硬派っぷり。

そういった仕様故に内容に対しても評価が分かれるところ

なのでしょう。

ただ、俺自身には深く突き刺さり爪痕を残したことは確か。

 

 

 

最後に1つ実績を取りこぼしてしまったようですので、回収

を兼ねてもう1度序盤をプレイしないといけなくなってしま

いましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。