穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

黒板

ゴーディアンの続きです。

いよいよ最後の大物、ガービンです。

他の2体はプラ製でしたが、こちらはボディーにダイカ

ストを使用している為か、ズシリと手応えを感じること

ができる重さになっています。

バカッと各部を展開し、デリンガーを収納します。

ほぼ、劇中のギミックそのままで、ああ、もうこれだけ

で堪りませんね。

 

 

 

展開していた装甲を閉じ、ガービンの完成。

全体的にスリムでシャープな体形を誇るゴーディアンの

3対ですが、やはりこのガービンがそのサイズとも相ま

って1番マッチョに見えますね。

 

 

 

背面。

ヒンジ部等が目につくのはその構造上、仕方の無い事。

 

 

 

曲線と直線が組み合わせられた厳つさを感じさせるその

精悍な顔つき。

オプションでよりシャープな印象の前期型フェイスとも

交換可能です。

そういえばこれも劇中で何のアナウンスも無く、ある日

突然変更されましたね。

 

 

 

コンニチワ

 

 

 

各部をブラッシュアップし洗練されたその姿は、まさに

現代進化版と呼ぶに相応しい一品。

40年という時を経ても各部の機構に殆ど変化が見られな

いのは、それだけ最初の設計と基本構造がしっかりとし

た物だったという証左でもあります。

当時、手に入れることもできずに悔し涙で枕を濡らした

様な俺含むボンクラ共には、まさにうってつけの一品と

いえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

それでは。