穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

書籍・雑誌・同人誌

バードウォッチングと巣ごもり卵

低気圧の影響により、またぞろ嫌な寒波が やってまいりました。 冷え切った体を温める為、熱々のホルモンを いただきます。 ご飯と味噌汁によくあいますね。 1冊読みました。 伊藤黒介さんの風雲録シリーズ。 今回はウマ娘が題材のゴールドシップ風雲録です…

憧れのステーキ

1冊読みました。 いどさんの艦これ同人総集編その2です。 今回もオールカラーとは思えない厚さの 贅沢な仕様。 ただ、残念ながら長らく続いたこの「か く語りき!」シリーズも、この総集編を 以てひとまず終了とのことです。 寂しいですが今まで楽しませてい…

刺激スープでグッドアイディア

年明けに何冊か届いた同人誌を、片っ端から 読んでいます。 今日はこちら。 コーポさんの艦これシリーズ総集編、艦これ まんがオムニバスです。 カピラリア七光線でも浴びたような体の金剛 が飾る表紙でまずは軽いジャブ。 ここ数年分の作品を収めてある為、…

タコ焼きに愛をこめて

1冊読みました。 ごまさんとこの深海食堂おかわりです。 深夜食堂を1人で切り盛りする中間棲姫と そこを訪れる客とのやりとりを、深夜食堂 と艦これという2作品を下敷きに描いたもの の総集編が本作となります。 深海側にも艦娘側にも分け隔てなく接する 中…

男も恋も辛口がいい

降り続いた雪も一段落。 朝から快晴の為か各御家庭でも一斉に屋根の 雪下ろしが始まりました。 新規開拓ということで新しいお店に。 こちらは贔屓のお蕎麦屋さんの分店なのですが、 本店の方は冬場は営業していない為、分店であ るこちらへ来てみました。 蕎…

雨のミルクうどん

年前に手配しておいた国境のエミーリャを 一気読みしました。 第二次大戦後に日本が米ソによって東西に 分割統治されてしまったという設定の下で 描かれる仮想戦後活劇。 主人公のエミーリャは、ソ連が統治する東 日本側にて西側への脱走を手助けする脱走 請…

一番目のお酒

暮れの挨拶で入広瀬まで。 思ったよりも雪も少なくちょっと拍子抜け。 中越地方に来たなら生姜醤油。 冷え切った体には生姜が効きます。 店外に設置された自販機に入っているのを 確認し、脊髄反射で購入してしまったこれ。 あまり見かけない品種ですので入…

キキの差し入れは家庭の味

上のが自動車学校に入校することになった ので、手続きの為糸魚川へ。 ついでに食事も済ませました。 いつも愛読している漫画ゴラク。 そのゴラクの看板連載であるミナミの帝王が なんと連載1500回目を迎えました。 口で言うのは容易いですが、なかなかでき…

守られるもの

一冊読みました。 「アーケード未発売・未稼働ゲーム大全」です。 業務用、家庭用を問わず開発中止や発売中止に なったタイトルなぞ、それこそ数え上げたらきり が無い程存在しますが、この本は業務用で発売ま でに至らなかったタイトルを、当事者のインタビ…

ゴッデス・オブ・ヴィクトリー

久しぶりに早めに帰宅できたので、おでんを アテに一杯やりました。 もう少し気温も下がってきたら日本酒でも いいでしょうね。 レココレ10月号では、8月号から始まったハード& ヘヴィ特集も、いよいよ90年代編へと突入。 ジューダスやエアロスミス等々、ベ…

咎狗の血

1冊読みました。 フィンランド先生こと齋木氏の「フィンランド軍 戦車発達史 中編」です。 これにて漸く上編、中編、下編と3冊揃いました。 今回もT-28にOT改造型等々、貴重且つ珍しい車種が 詳細な解説とともに多数収録されています。 いや本当、堪りません…

酷白

仕事で堀之内の方に行ってきましたが、生憎の お天気でせっかくの田園風景もイマイチに。 三原順さんの名前を目にし、いてもたってもいら れなくなり引っ張り出してきて読んだのがこちら、 「ルーとソロモン」です。 当時、姉貴が毎号購入していた白泉社のLa…

因念

レココレでは7月号、8月号と2冊に渡り70年代、80年代に 発表されたアルバム郡から選りすぐったハード&ヘヴィ100 選特集が組まれています。 上位陣のアルバムは定番とされるいずれも名盤中の名盤揃い。 しかし、読む人によってランキングに不満も出てくること…

狂争

1冊読みました。 青嵐氏が描く艦橋の代わりに筍が生えている山城 と、西村艦隊をネタにした艦これ二次創作であるフル カラー漫画、たけの子アルバムの8巻です。 氏の作品は艦これを始める前から読ませていただいて おりましたが、その作品も遂に8冊目。 今回…

失われた宇宙船

1冊読みました。 桜玉吉さんの新刊、伊豆漫玉エレジーです。 伊豆へ移住後、漫画家というよりは仙人に近い 様な生活を送られているイメージが強い暮らし ぶりですが、今作でもそれは変わらないようで。 最近では新刊を読んで氏の生活と無事を確認して いるか…

お仲間入り

目玉焼きを乗せるだけという手軽さとも相まって ハチクマライスは好物の1つでもあります。 勿論、目玉焼き以外の物を乗っけても構わないと いう懐の深さも魅力の1つ。 コロコロアニキの連載陣での目玉の1つ。 戦争劇画の重鎮、小林源文氏があのガールズ& パ…

辞書

今週号のゴラクにて、ミナミの帝王内で こんな一コマが。 少女漫画畑出身の郷力也氏にしてみれば この手の表現は昔取った杵柄的にお手の物 なんでしょうね。 ジャーマン・スラッシュバンドのパラドックスが あの「 HERESY」の続篇的アルバムを出すとの報せを…

新聞

いどさんの艦これ漫画総集編が届きました。 5年間描き続けてきた氏の作品故にこの厚さ ですが、これでもまだ全部ではないというの ですから恐れ入ります。 連休に合わせたのかは存じませんが、箱ストア でも色々とセールが始まっていました。 まずはあのバト…

爪楊枝

1冊読みました。 南正時氏の「知られざる廃線」です。 著者である南氏が日本全国を渡り歩いて記録した今や廃 線となってしまった多くの路線。 それらの記録を綴った物が本書です。 昭和の高度成長期を経て爆発的に勢力を広げた全国の鉄 道網でしたが、その後…

電話

1冊読みました。 北欧のフィンランドが隣接する巨大な帝国であるロシア と繰り広げた壮絶な継続戦争。 著者であるフィンランド先生こと斎木伸生氏が実際に現 地を訪れ撮影した貴重な写真と解説で綴ったのが本書。 「継続戦争戦跡紀行」です。 著者自らの足で…

石鹸

仕事で必要な本を2、3冊見繕いに書店へ。 併設された喫茶コーナーで甘いのをいただきました。 目に入って即、手に取った1冊。 10ウン年ぶりにこの雑誌を購入しました。 佐野元春特集とくれば買わずにはおられません。 小学~高校までの間、間違いなく俺のア…

電話ボックス

1冊読みました。 伊藤黒介氏が「かんこれ戦記」や「ベルとふたりで」 の合間に始めた新シリーズ。 座頭市の女版、そのなもズバリおんな座頭市です。 ウェブ上で発表したものに加筆修正を加えて1冊に纏め たものが本誌。 静と動、情景や感情の機微にまで至る…

ガムテープ

今月号のレココレはアルファレコード特集です。 アルファといえばYMOをはじめ、当時台頭しだしたニュ ーウェイブバンドもいるかと思えば、片や、シーナ&ザ ・ロケッツのような純度の高いロックバンドも擁するレ ーベルです。 またそれだけではなく、タモリ…

蚊取線香

休日の朝。 体が温泉を求めていたので朝っぱらから向かいます。 時間が早かった所為か他のお客さんは皆無。 貸し切り状態で楽しめました。 館内にイベントの告知が。 今年はかまくら祭りをやるようです。 1冊購入しました。 モノは10数年ぶりの購入となるBUR…

下のが誕生日でしたので、お相伴でいただきました。 めでたいですのう。 A-10氏が別冊マガジンで連載されていた赫のグリモア。 いよいよこの5巻が最終巻となります。 若葉とあかずきん、そして機関の仲間達が遂に羽生家当 主と相まみえます。 果たして若葉達…

運命

出先の事務所が一足お先に仕事納めに。 1年間ご苦労さんでした。 そんな訳で帰りは久し振りとなる鉄道移動。 駅にてぽつんと佇む飯山線のキハ110に遭遇。 ほくほく線のHK100形に揺られながら直江津駅へと。 直線個所が多い影響なのか田舎のローカル線とは思…

リフジン

山間地にも遂に本格的な降雪が来たようです。 これでこの地とは来春までオサラバですね。 前巻に続き探し続けていたジョージさんのザ・ムーン。 立ち寄った十日町のセブンにて漸く確保できました。 これでやっと全3巻が揃うことに。 文庫版でも所有している…

ホオズキ

愛読していた終電ちゃんもいよいよ最終巻。 もっともっと続きが読みたいというのが正直なところで すが、作者の方のツイートで結構前に連載終了が決まっ ていたことを知りました。 掲載誌がモーニングツーに移ったあたりで既に決定が下 されていたのかもしれ…

ウラナイ

姉貴からこれを読めと1冊送られてきました。 あちらの図書館でご自由にお持ちくださいのコーナーに 置いてあったとかで即、確保してきたそうです。 ミチロウさん特集のユリイカは売り切れで読めず仕舞い だったものですからこれは実に有り難いです。 さて、…

ヒツゼン

再度、期間限定のクーポンが配布されたとのことで夕飯 を外で済ませることに。 嫁さんはあん胆を。 俺は里芋の唐揚げをいただきます。 その後も色々つまんで最後は水餃子でご飯に。 ご馳走様でした。 塩沢方面へ向かう際にふらりと立ち寄ったコンビニにて 1…