穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

HR.HM

おめでとうの茶巾寿司

AC/DCの3枚組アーカイブ、「PLUG ME IN」 これの各メニュー画面がゲーム好きならついニヤニヤ してしまう気の利いたものなのです。 1枚目はインベーダー。 自機がギターを抱えたアンガスで例のダックウォークで 左右に行ったり来たり。 2枚目はギャラクシア…

お手伝いの報酬は

本日はこちら。 ポップなメロディーを盛り込んだハードロックを プレイしていたズーター兄弟からなるズーターズ。 そのズーターズが兄マイクのソロ・プロジェクト として再出発し、ここに2枚のアルバム「SUGAR」 と「The Devil's In The Details」がリリース…

ベジタブルエッグの秘密

せっかくの連休。 普段、あまりできないことを集中的に。 という訳で、先日M2さんより飛翔鮫!鮫! 鮫!がリリースされたことを受け、俺も久 しぶりに遊んでみたくなり起動。 東亜シューとしては古い部類に入る飛翔鮫ですが、 撃つ、避ける、ピンチには爆弾…

ネギと欠かせぬもの

連休だからという訳ではありませんが、普段 あまり遊べていない基板を引っ張り出して遊 んでいます。 タイトー/カネコのヘビーユニット。 「これだ」という突出したものはありませんが、 その分気軽に遊べる安心感があります。 また、このゲームが無ければあ…

蓮根と薔薇

1枚聴きました。 今やブリティッシュ・ヘヴィメタル界の大親分的 な存在だと俺が勝手に思い込んでいるビフ・バイ フォードが率いるサクソンの23作目。 「CARPE DIEM」です。 BURRN!も購読を止めてから久しいですし、その 手のニュースサイトも見ない故、国…

たらことチーズの雨宿り

1枚聴きました。 カナダ産ハードロックバンドであるエイプリル・ワインが 84年に発表した11th「ANIMAL GRACE(野獣の叫び)」 カナダ産バンドといえば他にもラッシュ、トライアンフ、 ザ・バンド(創設者はアメリカ人ですが)等々、個人的 にお気に入りのバ…

鶏っぱらいと猫っぱらい

少し前ですがイアン・マクドナルド氏の訃報が 届きました。 キング・クリムゾンや初期フォリナーなどなど、 長い間慣れ親しんできたバンドのメンバーがまた 1人逝去された訳です。 ラッシュのニール・パート、バッジーのバーク・ シェリー、そして今回のイア…

琥珀色の蜂蜜パン

ひとしきり降って満足したのか漸く穏やかさを 取り戻した天気です。 ついでに目を覆いたくなる様な置き土産もドッサリと。 貴重な再発音源を見つけ即、手配しました。 メロディー職人、ボビー・バースが率いるメロハー バンド、アックスの1st~4thまでを収め…

危険なチップス

箱のストアでたまに眺めているこの画面。 実はこれが売り上げのランキング画面だ ったとは、今の今まで知らなかったとい う間抜けぶり。 1枚聴きました。 過去にチョコチョコと聴いてはいたインギー 先生のアルバムですが、そういえばキング レコードに権利…

憧れのステーキ

1冊読みました。 いどさんの艦これ同人総集編その2です。 今回もオールカラーとは思えない厚さの 贅沢な仕様。 ただ、残念ながら長らく続いたこの「か く語りき!」シリーズも、この総集編を 以てひとまず終了とのことです。 寂しいですが今まで楽しませてい…

恥ずかしがりやのドク

1枚聴きました。 前作より2年2ヶ月ぶりとなり、そしてスタジオアル バムとしては22作目となる人間椅子の「苦楽」です。 30周年記念アルバムとなった前作「新青年」発表に 伴う初の欧州ツアーを行い、海外勢からの好リアクシ ョンを経て、その後、「映画 人間…

早春の香はいかが

日々の冷え込みが厳しさを増す中、馴染の 食堂で豚汁定食の提供が始まりましたので 早速一杯。 塩気が強過ぎず、ほんのり塩甘な味付けは 好い塩梅でスルスルッと入ってしまいます。 1枚聴きました。 ニュージーランド出身のロックンロール狂いな 4人組、ザ・…

過去への試練

1枚聴きました。 フィンランド産ヘヴィメタルバンドのビースト・ イン・ブラックの3rd「DARK CONNECTION」です。 今回もアントンさんの趣味であろう80年代洋楽黄 金期の曲達を想起させるメロディアスな曲が満載。 なにより口ずさめるような親しみやすいその…

レインボーゲート

標高の高い山では一足先に降雪がありましたが、 紅葉の方はまだまだこれからが本番という感じで。 俄かに蕎麦欲が高まった結果、お昼に蕎麦をいた だくことに決定。 揚げたての舞茸、じゃがいもの天ぷら等々とともに、 よく冷えた蕎麦の喉越しを堪能させてい…

ナンバーテン

1枚聴きました。 アメリカン・ハードロックバンドのカクタスが、 ニューヨークはロングアイランドにて行ったスタ ジオライヴ音源主集がこちら「Long Island New York, 1971」です。 間近に迫った2nd発表のプロモーションを兼ねて 地元ラジオ局の特別番組用と…

ロールルーラー

先日のナムコ復刻ポスター。 とりあえずは思い入れの強い源平のポスターを 注文しておきました。 当時、欲しくて欲しくて堪らずに、行きつけの ゲーセンにて溜息混じりで眺めていたあの1枚。 雨宮さんの手によるド迫力の頼朝が嫌でも目を 惹く迫力あるデザイ…

ゲートホルダー

フレームマイスターが直ったので縦画面の ゲームを集中的に遊びます。 画面グルグル、楽しいラリー。 先日聴いたメイ・ブリッツ。 今日は1stに次いでこの2ndアルバム。 71年に発表された「THE 2ND OF MAY」です。 1stのジャケットではどアップだったマスコッ…

ゴッデス・オブ・ヴィクトリー

久しぶりに早めに帰宅できたので、おでんを アテに一杯やりました。 もう少し気温も下がってきたら日本酒でも いいでしょうね。 レココレ10月号では、8月号から始まったハード& ヘヴィ特集も、いよいよ90年代編へと突入。 ジューダスやエアロスミス等々、ベ…

源三さん

出先にて妙なオブジェに遭遇。 その風体からなんとなくパックマンのモンスター 達を想起したのでした。 先日のユニバーサル名盤再発シリーズを黙々と 聴いております。 今日はこちら。 カナダとイギリスの混成メンバーによるトリオ バンド、メイ・ブリッツが…

見せて

お彼岸に合わせて先週には終わらせておく 予定だったお墓と家屋周辺の草刈りは仕事 によって全てお流れとなった為、祝日にま とめてやることにしました。 半日以上はかかる大仕事です。 庭の草刈りを始めた際に視界に入った彼岸花。 今年も逞しく咲き誇って…

制服

最近は2000年代に発売されたハロウィンのアルバム を聴き直しております。 とはいえ、最新作が出るまでは個人的には微妙な作品 が多いように感じていたこともまた事実。 そんな中で1枚選べと言われたならばこちらを。 2013年に発売された14th「STRAIGHT OUT …

プレゼント

さて、今回スターンのこれを購入した最大の目的は これ、AC/DCを遊ぶ為です。 実機には一度も触れたことが無い為、シミュレーター ですがこれが初プレイとなります。 開始時に数々の曲の中から好みの1曲を選択して ゲームスタート。 フィールド上ではメンバ…

新学期

遥々海を越えてようやっと我が家に到着です。 北米ストアでダウンロード版を入手したまでは よかったのですが、決済の関係なのか追加台が 一切購入できないという酷い仕打ちに悶絶して しまいました。 スターン・ピンボール・アーケード。 やっとこれで完全…

増悪

日中はまだまだ暑い日が続いています。 そんな暑い時こそ暑苦しいTシャツを着用し、 暑苦しさを十二分にアピールするのでした。 HEIL! 連日カプコン漬けでございます。 今日はシンプル操作の固定画面アクション、 ひげ丸でも。 シンプルであるが故の奥深さ…

因念

レココレでは7月号、8月号と2冊に渡り70年代、80年代に 発表されたアルバム郡から選りすぐったハード&ヘヴィ100 選特集が組まれています。 上位陣のアルバムは定番とされるいずれも名盤中の名盤揃い。 しかし、読む人によってランキングに不満も出てくること…

休刑

週末に2回目の接種を控えている為、少しでも蛋白質 を補充できればと考え、肉を食べます。 先日のエントリに続き、今日はザ・ナイト・フライト・ オーケストラの2015年発表の2nd「SKYLINE WHISPERS」 2ndまではキングレコードが配給してますね。 この2ndでは…

死街

短い盆休も終わり、また仕事の始まりです。 夕飯に目玉焼きをいただいて英気を養います。 食後に甘くて美味しいのをいただきました。 はい、今日はこいつで。 ソイルワーク、アーチエネミーといった北欧重鎮 バンドのメンバーによる、70~80年代のロック、 …

虚夢

アマプラでの独占配信とのことで楽しみに していた劇場版シン・エヴァ。 コロナが怖くて地元の劇場にすら行かなかった くらいですから、こうして最速で配信された 事実については本当、感謝するしかありません。 盆休の締めにこれを。 モーターヘッドが2012…

忘れられた土地

最近はこれを繰り返し視聴しております。 既に国内ドゥーム/ハードロックの重鎮と呼んでも 差し支えないと思われるバンド、人間椅子のバンド 活動30周年を記念してリリースされた1枚。 タイトルもズバリ「映画 人間椅子 バンド生活30年」 30周年記念ライヴを…

釈迦の掌

1枚聴きました。 ブリティッシュ・ハードのベテランバンドである バッジーがMCAに残した3rdから5thまでの3枚の アルバムから選曲された日本独自企画のベスト盤 がこちら「CANNON SHOT」 82年に「BEST OF BUDGIE」のタイトルで発表され たこのアルバム。 CDで…