穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

怪しいのはどっちだ

レベル上げをしながらE-3ボス戦について色々と調べていたら

今度は補給艦か水母が必要らしいとのこと。

ウチの補給艦なんて神威だけでおまけにレベルは2のままですよ。

しょうがないのでとりあえず改までは鍛えましたが、先は長い。

って、改造したら補給艦から水母になりましたよ?

こりゃ運用も変えなきゃイカンのね。

あ、水母も瑞穂のレベル20が手持ち分では一番育っている

艦でしたので、これも鍛えにゃならんのか・・・

 

 

 

新顔さんは戦艦ワナビー清霜と早霜の夕雲型コンビでした。

 

 

 

はい、今日はこちら。

イタリアン・ジャズロックにこの人ありと言われたフリオ・キリコ

率いる超絶バカテクバンド、アルティ・エ・メスティエリの1st~

3rdが、最新リマスター盤として一挙再発されました。

 

 

 

今回はソニーからの再発ですが、BMGレーベルはソニーグループの

傘下となって大分経ちます。

なのでこうしてBMGの音源は国内ではソニーからのリリースと

なりました。

そういえば10年くらい前にBMGからドドッと再発されたイタリアン

プログレのいくつかもソニーから再発されていましたね。

さて、アルティの音源は90年代にリリースされたキングのユーロ

ロックコレクションの音源をずっと聴いてきたので、こうして

リマスター音源に触れるのは実は初めて。

全体的に音像はクッキリと鮮やかに、且つ、各パート、特にドラムに

傾注しながら聴いてみます。

手が数本あるといわれたフリオのドラミングは、スネアのアタック感

をはじめ、繊細なフレーズから鬼神の如き激しい連打まで実に多彩で

色鮮やかであり、それらが損なわれること無く丁寧に仕上げられて

おり、旧盤と聴き比べる度に新しい発見がある程でした。

また、マッチョなフリオ氏をあしらったジャケの3rdアルバム。

今回が初視聴になるわけですが、前作までのプログレ色の強い

ジャズロックからは少し距離を置き、来るべきフュージョン

クロスオーバーの影響を色濃く反映した1枚となっております。

超絶技巧は相変わらずですが、少々クセの強いヴォーカルが好みの

分かれるところかもしれませんね。

そして、インナーの解説を読んで知りましたが、彼等が活動し始めた

60~70年代イタリアでは国内情勢が多分に不安定で、バンド活動も

そういった政治的活動に飲み込まれ翻弄され、思うように活動できず

尻すぼみになってしまったという記述があり、アレアをはじめとした

イタリアンバンドは皆、好むと好まざるとこういった渦に巻き込まれ

てしまったのだなと容易に想像できるのでした。

勿論、是非は別としてですが。

 

 

 

1stにはおまけとしてジャケットの漏斗を模した栞らしき物が同梱

されておりました。

解説によると当時リリースされた初回盤の極々一部に同封された

物のミニチュアなのだとかで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。