穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

体当たりの防戦

昨日は上田方面で毎年恒例の集まりがあるので、事前に色々と
購入してから会場に向かいます。



長野県も快晴でした。
というか、快晴過ぎてTシャツ1枚でも充分なくらい。
これも台風の影響なんでしょうね。



到着してみたら既にアフターバーナIIがガコガコと激しく稼動
していました。



ずらり並べられた焼き鳥を一斉に焼き始めました。
これは壮観ですね。



火が上がるのをものともせず肉もジャンジャン焼かれます。



今回の一番人気である牡蠣。
生に焼きにと、それぞれが好みの食べ方で食しており、みるみる
うちに殻の山が築かれていきました。
牡蠣、大人気ですね。



食後にお手製の甘いのまで頂いてしまいました。
滑らかな舌触りと美味しさに思わず唸らされます。
お店に並んでいてもおかしくないレベルです。



いつものように俺だけ一足お先に帰宅です。
主催者さんにフォロワーの皆さんには大変お世話になり、
有り難うございました。
また宜しくお願いします。



帰宅後はこれを。
フレンチ・プログレ・ジャズバンドのマグマによる2005年に
東京で行われたライヴの二枚組音源「LIVE IN TOKYO」です。



これ、当時どうしても行きたかったライヴでしたが、仕事の
都合で泣く泣く断念せざるを得なかった時の音源。
ディスク1は「KA」がI〜IIIまで収録、そしてディスク2には
「Theusz Hamtaahk」をはじめとしたヴォーカル曲を集録。
演奏の完璧さはスタジオ盤以上、反復リスムを主体とした
讃美歌を感じさせるような男女のコーラスも聴きどころの
1つとなっております。
ディスク2ではリズム楽器を用いずにほぼ、ピアノとヴォーカル
のみなのにこの整合性と迫力は何なんでしょうか?
演奏終了後の日本人ファンによる称賛の声援と止むことのない
拍手が続く様を聞き、俺もこの輪に加われなかったことが
なんとも悔しくてならないのでした。

















それでは。