穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

制服

最近は2000年代に発売されたハロウィンのアルバム

を聴き直しております。

とはいえ、最新作が出るまでは個人的には微妙な作品

が多いように感じていたこともまた事実。

そんな中で1枚選べと言われたならばこちらを。

2013年に発売された14th「STRAIGHT OUT OF HELL」

 

 

BETTER THAN RAW以降、これが出るまでは先にも述べ

たように、イマイチな出来のアルバムばかりというのが

正直なところでした。

けれどもそんな時に出たこのアルバムは、メロディー重視

で耳に馴染みやすく、けれども甘くなり過ぎずにキチンと

ヘヴィな点が初期アルバムを彷彿とさせてくれた為、それ

までのモヤモヤを吹き飛ばすまさに会心の1枚となりました。

 

 

 

俺は5曲目の「BURNING SUN」から6曲目の「WAITING FOR

THE SUN」の流れが特に気に入っていますね。

ゴリッとヘヴィながら遮二無二突っ走る疾走曲から、デリス

のヴォーカルがよく馴染むキャッチーなメロディが印象的な

曲へとの繋がりが実にスムーズで、聴いていて実に心地よい

のでした。

 

 

 

そんな訳で未だに愛聴している1枚なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。