穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

嵐の船出

HI-METAL Rのデストロイド・ディフェンダーを弄っております。



可動範囲、特に下半身はパーツの干渉部も可動することにより
思った以上に動かせます。



コックピットハッチは開閉します。



弾倉も取り外し可能。
装弾数が多い大型マガジンも付属しています。



デストロイドの魅力はと問われれば、個人的には重機然としたその
意匠にあると答えます。
宮武氏の手による本当に存在しそうと錯覚させるような武骨で
重厚なデザインに惹かれます。



設定どおり、スパルタンよりぐっと小型なんですね。
並べてみるとよく分かります。



トマホークやファランクスはいつになるんでしょうね・・・



はい、今日はこれを。
再始動アーマード・セイントが2015年に発表した現時点での
最新作「WIN HANDS DOWN」です。



金属的で硬質なリフは、「これが今の俺達だ」とでも言いたげに
溌剌と歌うジョン・ブッシュの声と相まって、ウェットで攻撃的な
パワーメタルとして高い完成度を見せています。
楽曲の傾向も音の作り込みも現状のバンドに見合ったもので
これも自分達に求められているものを充分に理解し、且つ、
体現できていることの証左でしょう。
こうしてメンバー達それぞれが亡きデイヴ・プリチャードの意思を
継ぎ、発展拡散させている様を見て彼も満足しているのではと
ボンヤリとした頭で考えるのでした。













それでは。