穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

恐るべき宇宙植物

月も替わったので艦これのエリア解放をコツコツと。

川内型三姉妹の最後の一隻をようやっと改二にできました。

あとはいつも通り、地道なレベル上げですね。

 

 

 

さて、連休中に集中的に鍛えていた扶桑がやっと改二へと

改造可能なレベルに到達しました・・・って、これも

設計図が必要なんですね。

 

 

 

勲章が足りないのでエリアの解放がてら4-5を攻める。

最後の最後で霧島組組長が発動した怒りの二連撃により

どうにかボスを沈めることに成功し、無事、4つ目の勲章を獲得。

即、設計図と交換しました。

 

 

 

あとは未達成だった任務をこなしてシュトゥーカを入手。

 

 

 

はい、今日はこれ。

ラナ・レーンのブレインであり、且つ、旦那でもあるキーボード奏者

エリク・ノーランダーが2006年にリリースした主にプログレナンバー

をカバーしたアルバム「HOMMAGE SYMPHONIQUE」

 

 

 

エリクの優れたセンスと演奏技術は、ラナ・レーンや、自身の

プロジェクトでもあるロケット・サイエンティスツでも証明済み。

そんな彼が選出した曲はプロコル・ハルムの「征服者」や、

EL&Pの「海賊」、そしてアルバム最後にはキングクリムゾンの

「STARLESS」と、俺の大好きな曲ばかりで占められているという

なかなか充実した内容です。

特にプロコム・ハルムの「征服者」は大好きな曲のうちの一つ

なのですが、基本的にどの曲も原曲に忠実なアレンジであまり

目立った冒険はしていないようです。

それでも「STARLESS」では原曲以上に暴れるフルート&サックスが

聴きどころでもありますが。

そして驚いたのが三菱ミラージュのCMでもお馴染みなチャック・

マンジョーネの大ヒット曲、「サンチェスの子供たち」のカバー

という、これまた俺が愛してやまない1曲がカバーされている点。

アカペラで静かにじっくりと聴かせるヴォーカルで始まり一転、

性急で畳みかけるようなリズムが駆け出すラテンの香りを色濃く

湛えた情熱的でメロディアスな1曲ですが、印象的な原曲を更に熱く

盛り上げる絶妙なさじ加減ぶり。

気が付けばこの曲ばかり繰り返して視聴していた有様です。

そのアルバムのカラーからこういったポピュラーなヒット曲が

収録されているとは思っていなかっただけに、意表を突かれた分、

更に染み入って聴こえたのでしょうね。

 

 

 

久し振りにロケット・サイエンティスツのアルバムも聴いて

みたくなったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。