穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

遺伝子の窓

1冊読みました。

「写真集サン・ジウスト機構機兵師団/付録:M13/40中戦車」です。

 

 

 

イタリアの機甲師団というと映画の題材にもなった北アフリカ戦線

での奮闘で知られるアリエテ師団等ですが、こちらは1943年の

イタリア休戦後にドイツが接収していた戦車がイアタリアに返還され

始めた頃に対パルチザン用等の目的でR.S.I.戦車部隊の魁として編成

されたのがこのサン・ジウスト機構機兵師団なのです。

ガルパンで一躍有名となったCV33をはじめ、俺の大好きな戦車で

あるセモヴェンテ突撃砲や、カーロ・アルマート中戦車の画像を

ふんだんに使用したなんとも贅沢な写真集。

 

 

 

今まではイタリア戦車自体がどうしてもマイナーな存在故、大きく

扱われることもあまり多くはなかったテーマですが、同人誌とは

いえ、こうして豊富な写真や詳しい解説でイタリア戦車について綴ら

れた冊子自体は非常に珍しく、また、今まで知らなかったイタリア史

の別の1面をも知ることが出来、まさに俺が求めていた1冊ですね。

この手はどうしても需要が限られるでしょうから、小部数でしょうが

こうして出版してくれたこと自体に感謝です。

 

 

 

はい、今日はこちらを。

偽物メタルには鉄槌を下さずにはいられないバンド、マノウォーの

3rdアルバムに、2019年度リミックス、リマスターを施した1枚

「HAIL TO ENGLAND IMPERIAL EDITION」です。

 

 

 

旧盤はそのプロダクションからか全体的にこもった音質で各パートの

ヌケや分離もイマイチという、如何にも予算不足を感じさせるチープ

な仕上がりの物でした。

しかし、今作ではリズム関係、特にドラムのスネアやタムの各音が

非常に鮮明に聴こえるようになったのはリマスターよりもリミックス

による影響が大きく、旧盤と比べてもあたかも新緑音源のように聴こ

えてくるのでした。

これならば以前の他の旧盤を新緑且つ、曲順を変更されてリリース

された物と比べてもかなりマシな印象を受けました。

現在、ファラウェルツアーとして各国を回っているマノウォー。

その一環としてこうした企画もまだまだ続くのではないかと予想して

おりますが、さて、後続はどうなるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。