穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

ロールルーラー

先日のナムコ復刻ポスター。

とりあえずは思い入れの強い源平のポスターを

注文しておきました。

当時、欲しくて欲しくて堪らずに、行きつけの

ゲーセンにて溜息混じりで眺めていたあの1枚。

雨宮さんの手によるド迫力の頼朝が嫌でも目を

惹く迫力あるデザイン。

 

 

 

1枚聴きました。

1stを聴いた際には「全員仮面着用の覆面ユニットの

ようだし、アルバムもこれ1枚かぎりかな?」なんて

考えていたウォーキングスも、なんだかんだでアルバ

ムも3枚目を数えるまでになりました。

タイトルは「REVOLUTION」

 

 

 

今回も戦をテーマとした勇壮且つ、メロディアスな曲

の数々を、確かなテクニックに裏付けられた手堅い演

奏と、安定したヴォーカルで聴かせてくれます。

今作では哀メロに乗せて曲名を連呼し、切々と歌い上

げる3曲目「FIGHT」と、勇壮な軍歌を想起させるかの

如く荘厳な5曲目の「KILL FOR THE KING」が特に気に

入りました。

内容も欧州産パワーメタルの文法に倣い作られた鉄板の

曲揃いですし、最後まで安心して聴くことができます。

そしてメインはクリーンヴォーカルですが、時々挿入され

デスヴォイスもよいアクセントとして機能していますね。

また、昨今のこの手の曲は1曲が長めで冗長になりがちな点

を鑑みたのかは判りませんが、今作は全10曲、且つ、各曲が

3~4分台と大変コンパクトに仕上げられています。

アルバム全体でもそう長くは感じませんでしたのでダレずに

繰り返し聴き通すことができました。

 

 

 

3作目でもこの安定感。

ファンも大きな変化を望まないでしょうから願わくばこの路線で通して

くれることは願わずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。