穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

地球絶体絶命

霧のような小雨が降り続く1日でした。

今年の梅雨明けは何時頃になるんでしょうね。

 

 

 

今日もポツポツとウィークリー任務の消化です。

長めのものが多いので、どうしても時間がかかってしまいますね。

 

 

 

羽黒のレベルも80を超えたので、一旦引っ込めて今度は青葉、

古鷹型を鍛えることにします。

関連任務もいくつか残っていますしね。

 

 

 

期間限定のグラフィックが各艦、色々と表示されていますが、例えば

水上機母艦であるこの千代田。

 

 

 

最初のキャラグラフィックが使用されてからいくらかのブランクは

あったとはいえ、あまりにも別人過ぎて同一人物が描いたとは俄かに

信じ難いのですよ。

描いていくうちに絵柄が変化していくなんてのは頭では理解している

つもりなのですが、ここまで違うと却って混乱してしまうのでした。

 

 

 

はい、今日はこちらを。

キングクリムゾンが72年にイギリスはニューカッスルで行った

ライヴのサウンドボード音源。

「Live in Newcastle 1972」です。

 

 

 

アルバム、太陽と戦慄制作時のメンバーによるライヴをサウンド

ボード経由でカセットに収めた物が本作。

カセットなものですから最後の太陽と戦慄パート2もテープの収録

時間切れで途中で終わっているのが残念な点です。

しかし、なんといっても目玉となるのはジェイミー・ミューア在籍時

のライヴで、これだけ纏まって且つ比較的高音質な演奏を聴けるもの

は初ということではないしょうか。

過去にも断片的に存在していたとはいえ、このようなきちんとした

体裁の物を聴くことができるようになるとは思いもしませんでした。

そして本ライヴの胆であろうジェイミー・ミューアです。

パーカッショニストというだけあり、ドラムだけに留まらずゴングや

銅鑼、はたまた台所用品などを打ち鳴らすものですから否応なく彼の

存在をこちらに印象付けます。

バンドには僅か3ヶ月少々の在籍でしたが、彼が残したそのパフォー

マンスは個性派揃いだったバンドメンバーの中でも何者にも代え難い

ものとなっているのです。

 

 

 

ミューア在籍時のライヴでは本音源が決定版となるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。