穏やかなる日々

日々の徒然。ゲームだったりクラシックロックやメタルだったり。

レインボーゲート

標高の高い山では一足先に降雪がありましたが、

紅葉の方はまだまだこれからが本番という感じで。

 

 

 

俄かに蕎麦欲が高まった結果、お昼に蕎麦をいた

だくことに決定。

揚げたての舞茸、じゃがいもの天ぷら等々とともに、

よく冷えた蕎麦の喉越しを堪能させていただきました。

 

 

 

先日のカクタス71年ライヴに続き、こちらも兄弟バンド

みたいなものだろうということで今日はこちら。

アピス、ボガートの両名がかつて在籍していたヴァニラ・

ファッジが67年に発表した1st「Vanilla Fudge」です。

 

 

 

オルガンを軸としたアート、サイケロックの範疇で語られること

が多いヴァニラ・ファッジですが、アピス、ボガートのリズム隊

両名が繰り出すヘヴィで強靭なリズムは、後のハードロック、ヘ

ヴィメタルの源流であるとも指摘されています。

シュープリームスのヒットで知られる「You Keep Me Hangin' On」

を、原曲のイメージを吹き飛ばす程の超絶ヘヴィアレンジ曲へと

改変させ、それを破綻させずに昇華した上で達者なこの演奏技術で

すから、当時のリスナーはさぞや度肝を抜かれたことでしょう。

また、ビートルズの涙の乗車券のカバーが収録されていますが、その

ヘヴィなアレンジに作者であるレノンが腰を抜かす程衝撃を受けたと

いう逸話にもある通り、オルガンによる分厚い音の壁に比肩するアピ

ス、ボガート両名のリズム隊の尽力が欠かせなかったのではとその音

像から感じ取りました。

 

 

 

オリジナル曲よりカバー曲の比率が高い収録内容ですが、ロックと

いうジャンルが一気に拡散し始める前夜の、まさに萌芽と呼ぶに相

応しい内容となっています。

今の耳で聴くと少々厳しいかもしれませんが、それでも当時は驚き

と感銘を持って迎えられた内容のアルバムだったのではと考えます。

 

 

 

 

 

 

それでは。